未来を担う学生のために

未来を担う学生のために

芝浦工業大学は、1927年に有元史郎により創設された東京高等工商学校を起源に、2027年に創立100周年を迎えます。 「社会に学び、社会に貢献する技術者の育成」の建学の精神のもと、10万名を超える卒業生を輩出し、社会の発展に寄与してきました。現在、本学は世界各国の大学、研究機関との国際共同研究も増え、アジア工科系大学トップ10に入ることを目標としています。また、本学では8千名を超える学生が勉学や課外活動に励んでいます。 2022年に竣工する豊洲キャンパス第二校舎をはじめ、各キャンパスの教育研究環境を一層充実させ、これからも社会に貢献する人材の育成に努めてまいります。 今回、卒業生の方をはじめさまざまな方にご協力をいただき、心ばかりのお礼として“芝浦ギフト”もご用意しました。 コロナ禍という厳しい環境の中ではありますが、未来を担う学生のために、皆様の温かいご支援、ご協力を心からお願い申し上げます。

寄付の目的

理工系グローバル大学への飛躍を目指して、
創立100周年記念事業に活用するほか、
学生支援などさまざまな取り組みに活用いたします。

  • 豊洲キャンパス第⼆校舎建設事業資⾦

    創立100周年記念事業

    豊洲キャンパス第⼆校舎
    建設事業資⾦

    大学院の充実を図り、多様な研究を行うための「世界レベルの研究拠点の形成」を目指すため、新たな校舎の建設を進めていきます。グローバル教育・大学院教育充実・研究力の強化を図ります。

  • グローバル化推進⽀援資⾦

    創立100周年記念事業

    グローバル化推進⽀援資⾦

    スーパーグローバル大学として私立理工系大学で唯一の認定校となっています。世界を体感する質の高い国際教育も、本学の大きな特長です。本学のグローバル化の発展のために、ご支援をお願いします。

  • 課外活動等支援寄付

    創立100周年記念事業

    課外活動等支援寄付

    課外活動である体育会・⽂化会に所属する各団体の活動に対し、寄付を通じて資⾦援助ができます。特定の団体を指定していただくことで、その強化費や合宿所、練習場の整備費⽤、物品購⼊費や修繕保守費などに活⽤します。

  • コロナ対策学⽣⽀援プロジェクト募⾦

    プロジェクト募⾦

    コロナ対策
    学⽣⽀援プロジェクト募⾦

    学生のための新たな経済的支援策「コロナ対策学生支援プロジェクト募金」を2020年4月よりスタートしました。経済的影響での退学者を1人も出さないために、教職員をはじめ広く募金活動を推進しています。

SHIBAURA GIFTとは、返礼品付き寄付制度です。
返礼品には、卒業生の方とのコラボ商品や
オリジナルグッズも用意しました。
ご寄付の金額に応じてギフトをお選びください。

前へ
次へ

芝浦工業大学からのお知らせ

  • NEWS 寄付金サイトを公開しました。